アルゼンチン産非加熱はちみつマヒカハニー


生きてるはちみつ

口に入れた瞬間に思わず驚いてしまうような、ふんわりとしたムース食感と
練乳のように優しい味わいが特徴のマヒカハニー。
アンデス山脈の美しい大自然で採取した味がよい高品質なはちみつを
加熱処理せずすべて手作業で充填しています。
それは、はちみつ本来のまろやかな味わいと栄養を守るため。
非加熱のマヒカハニーには、抗菌力も、通常のはちみつの約3倍もあり
風邪対策にもおすすめです。
朝食のトーストにつけて、1日の栄養補給に。
チーズにつけてワインのお供に。
毎日の健康を願って、スプーン1杯-。
マヒカハニーがしあわせな奇跡をもたらします。



マヒカハニー巣箱、製造工程

【大手には真似できないマヒカハニーの秘密】


マヒカハニーの原料となるはちみつは、アンデス山脈の自然保護区を中心とした高地で採取しています。市販されているはちみつの水分量は、加熱して水分を飛ばした後であっても22%であるのに対し、マヒカハニーの水分量は一切加熱することなく、採取した時から約15%程度です。
この濃さの違いは、蜂が羽ではちみつの水分を乾燥させるタイミングを待って採取しているため。この工程によって、加熱しなくても水分が少なく、味も栄養も濃い、おいしいはちみつになるのです。

アルゼンチンでは20年ほど前は非加熱のはちみつが流通していましたが、粘度が高く、機械を使った充填ができないため、現在は、アメリカをメインとした大きな市場に対して扱いやすくするため、市場に出るよりも前の段階でほとんどが加熱されてしまいます。しかし、マヒカはあくまでも、「非加熱のはちみつ」にこだわり、市場に出る前のはちみつ長年の付き合いがある養蜂家から直接を確保しています。

毎年収穫シーズンが来ると、契約している養蜂家を一軒一軒たずね、必ず買い取る前に、色、味、香り、そしてショ糖がゼロであるかという厳しいチェックを行い、クリアしたもののみがマヒカハニーとなります。そして、採取したときのピュアな栄養と味わいを守るため、撹はん後は一切機械を使わず、竹串ではちみつに混ざっている種子や花などを取り除き、ひとつひとつ手作業で充填しています。大手にはできないこの手間こそがマヒカハニーの品質を維持させているのです。
加熱していないはちみつは、生の肉や魚がそうであるのと同様、加熱されたものとは味がまったく異なります。えぐみがなく、とってもクリーミィなのに後味がすっきり。これまではちみつ嫌いだった方にも「おいしい!」とおっしゃっていただけるほど。
スプーンですくってそのままヘルシーなデザートとしてもどうぞ。


マヒカハニー巣箱、製造工程

【非加熱だからこそ!3倍の抗菌力】


昔から抗菌力が強いことで有名なはちみつ。
やけどや口内炎、風邪の対策にと使用されている方も多いのではないでしょうか。
まろやかなマヒカハニーは抗菌力が弱そう…?
いいえ!日本食品分析センターの試験により、大腸菌、黄色ブドウ球菌に対して、一般的なはちみつよりもはるかに強い抗菌力が証明されました。
毎日の健康維持のために、ぜひご活用ください。

マヒカハニーの泡

※ 試験方法:
    検体に大腸菌または黄色ブドウ球菌を摂取後、室温で保存。6時間後に生菌数を測定。
    (日本食品分析センター調べ)



毎朝の栄養補給に蜂蜜

【とびきり美味しくてパワフル!だからいろんな使い方で】


ビタミンや酵素など非加熱ならではの魅力を持つマヒカハニーは、寝起きが悪い日や二日酔いの朝の朝食にぴったり。たっぷりトーストにつけて、一日の栄養補給にどうぞ。
さらに表面のふわふわの白い泡も、非加熱ならではの特徴です。スウィーツを食べるように、そのままスプーンですくって、お口の中でしゅわっと溶ける、楽しい食感をお楽しみ下さい。

また、お召し上がりになるだけではなく、手作り化粧品やうるおい補給のためのフェイスパック、髪のトリートメントにもまぜて、ぜひお使い下さい。